協会概要

法人名

一般財団法人 日本船舶職員養成協会関東
通称名  ジェイス関東
JEIS(ジェイス)はJapan Educational Institute for Seamen の略称

代表者

代表理事 廣瀬 隆

所在地

横浜本部
〒231-0811 神奈川県横浜市中区本牧ふ頭3
TEL 045-623-6804 FAX 045-622-1145
URL http//www.jeis-kanto.or.tv

東京事務所
〒102-0083 東京都千代田区麹町4-5 海事センタービル
TEL 03-3263-0301 FAX 03-3263-0354

設立

平成23年8月4日

設立経緯

新公益法人制度の移行に伴い,財団法人日本船舶職員養成協会(JEIS)
(昭和39年設立)から分社化により設立

基本財産

300万円

職員数

12名(平成29年4月1日現在)

教員数

54名(平成29年4月1日現在)

教習用船舶

Ⅰ型船 9隻

受講者累計

小   型  933,365名(昭和39年度〜平成28年度)
大   型  697,550名(同上)
更   新  1,977,144名(同上)
失効再交付  254,592名(同上)
そ の 他  5,617名(同上)
合   計  3,868,268名(同上)

主な事業

〈小型船舶操縦免許教習〉
小型船舶操縦士の資格を取得するための講習(国家試験免除)

〈更新講習〉
小型船舶操縦免許証または海技免状の有効期限(5年)を更新するための講習

〈失効再交付講習〉
小型船舶操縦免許証または海技免状を有効期限内に更新しなかった等のため効力が失われた場合その効力を回復するための講習

〈海技免許講習〉
海技士の資格を満たすために付加的に修了することを義務付けられている救命・消火等の講習

〈小型旅客安全講習〉
旅客船や遊漁船など人を運送する小型船の船長となろうとする人のための講習

〈ヤマハボート免許教室の運営〉

〈レンタルボート〉
ヤマハマリンクラブSea-Style加盟マリーナ

〈セミナー〉
小型船舶操船の習熟のための実習等各種セミナー

組織

組織図

JEIS グループ

  • (一財)日本船舶職員養成協会関東
  • (一財)日本船舶職員養成協会
  • (株)JEIS 北海道教習センター
  • (株)日本船舶職員養成協会東北
  • (株)日本船舶職員養成協会北陸信越
  • (一財)日本船舶職員養成協会中部
  • (一財)日本船舶職員養成協会近畿
  • (一財)四国船舶職員養成協会
  • (株)日本船舶職員養成協会西日本

JEIS 関東の基本方針

船舶免許教習事業を通じて、
船舶職員および小型船舶操縦者として
必要な知識および能力を備えた人材の育成に努め、
海事教育の振興と船舶の安全に寄与することを目指します。

基本方針キーワード
  • 安全
    「船舶の安全」を第一に考え、安全指導の徹底に日々努めていきます。

    船舶免許教習を通じて、安全に海を楽しむために必要な知識・技術を提供していきます。
    また、免許取得後も更新講習、セミナーなどにより、継続的に船舶の安全指導に取り組んでいきます。

  • 安心・信頼
    50年の信頼と実績があるから安心。

    50年間で培われた実績をベースに、日々、教習事業の品質向上に取り組み、経験豊かな教員が受講生の立場に寄り添い、誠実な教習、講習の提供に努めます。

  • 応援・サポート
    免許資格取得が最後ではなく、取得後も安全に海を楽しめるよう、あなたのボートライフを応援します。

    免許取得後、安全に海を楽しむためには、操船経験を積み重ねることが必蔓です。
    免許取得後初めてのキャプテンクルーズや操船セミナー、実践クルーズ等の各種セミナーなど、ビギナーからベテランの方まで、ニーズに応じた様々な応援プランをご用意しています。

  • チャレンジ
    海に親しみ、豊かな生活を送れるよう魅力あふれる企画の提供や、環境づくりに積極的に取り組んでいきます。

    長年の教習経験から生まれた JEIS 独自のアイデアで、海を楽しむための不安や課題を取り除くことに積極的に取り組んでいます。楽しみながら学ぺる「離・着岸祭り」の開催や、操船時間を積み重ねていくための「舵取り三昧 イベント」クルージングピクニックやフィッシングなど、魅力あふれる海遊びメニューの提案を行なっています。
    また、手軽にボート遊びができる「レンタルボート」の運営などにも取り組んでいます。