更新・失効

免許証を紛失していても、講習は受講OK!
進級または追加取得で更新講習or失効再交付講習の手続きが不要に!

※ 紛失している方は、必ず事前にJEIS関東までお電話ください。
事前連絡が無いと受講できない場合があります。

更新・失効再交付について

更新

有効期限内の方【約1時間】

有効期限の1年前から受講可能です。
余裕を持って更新しましょう。

  • 小型船舶操縦免許証の有効期間は5年間で、5年ごとに更新する必要があります。
  • 自分の誕生日が基準となる自動車の運転免許とは異なり、有効期限が免許証に記載されています
  • 更新手続きは、有効期限満了日の1年前からできます。早いタイミングで更新手続きをしても、有効期限の起算日は変りませんので、早めの更新をお勧めします。
  • 更新講習は、身体検査と1時間程度の講習で修了します。
  • 住所、氏名等の変更のあった方は、本籍地記載の住民票が必要です。
失効再交付

有効期限切れの方【約2時間30分】

受講いただければ免許証の効力が復活できますのでご安心ください。

  • 免許は終身有効ですが、更新を受けずに有効期間が満了した時は、免許証が失効し、小型船舶に船長として乗船することができません。
  • 有効期限を過ぎてしまった場合は、更新手続きではなく、失効再交付の手続きを行なってください
  • 失効再交付講習は、身体検査と約2時間30分の講習で修了します。
  • 住所、氏名等の変更のあった方は、本籍地記載の住民票が必要です。

進級または追加取得について

進級 または 追加取得 で更新講習・失効再交付講習の手続きが不要に!

更新講習あるいは有効期限が過ぎてしまって失効再交付講習を受講するタイミングで、1級免許へ進級あるいは、特殊小型船舶操縦士免許を追加取得すれば、更新講習あるいは失効再交付講習の手続きは、必要なくなります。

1級へ進級する 特殊小型船舶操縦士免許(水上オートバイ)を追加取得する

更新の要件

身体適正基準を満たしていること

更新講習・失効再交付講習時に、身体検査員による身体検査を受検します。

更新講習機関での講習を
修了していること

JEIS関東は国土交通省登録教習所です。
国土交通大臣が認める乗船履歴を有する場合は、講習を受講する必要がない場合があります。

INFORMATIONインフォメーション